ホームページの種類について

目的とターゲットに合わせて種類が異なる

普段何気なく目にしているホームページですが、自分で作るとなると難しいですよね。ホームページ作りで最も大切なのは、目的とターゲットに合わせ、適切な種類のものを作ることです。大きく4つの種類に分けられ、それぞれに特徴が異なります。そのため、まずは自分がどのような目的でホームページを作るのか明確にしましょう。企業やサービスを紹介したいのか、ものを売りたいのか、求人をしたいのかなどの目的が決まったら、ターゲットに合わせたホームページ作りをします。若者をターゲットにするならポップで若者を引き付ける内容、年配者をターゲットにするなら落ち着いて信頼感を与える印象など、対象になるターゲットの視点に合わせたホームページ作りが大切です。

ホームページの種類と特徴

では、ホームページにどのような種類があるのかというと、1つ目は企業の概要や経営理念などを紹介するコーポレートサイトです。取引先や株主をターゲットとして作成します。2つ目は商品やサービスを紹介するサービスサイトで、顧客をターゲットとして作成します。3つ目は新卒や中途採用への情報を提供する中途採用です。求職者をターゲットとしたホームページを作成します。4つ目は商品をインターネット経由で販売するECサイトです。購入者をターゲットとして作成します。 これらの中から自分の目的とターゲットに合わせたものを選び、それぞれに合ったコンテンツを備えるのが正しいホームページのコンセプトです。初めての場合は、プロに相談してみるのも良いでしょう。