ホームページのコンセプト設定

ホームページの種類について

普段何気なく目にしているホームページですが、自分で作るとなると難しいですよね。ホームページ作りで最も大切なのは、目的とターゲットに合わせ、適切な種類のものを作ることです。大きく4つの種類に分けられ…

ホームページのターゲットについて

インターネット上にある大手の検索エンジンを使えば、さまざまなホームページを探しだすことができます。そのため、ホームページを作るときに、いろいろなコンテンツをたくさん用意して、とにかく検索エンジンに…

必要なページ設定について

ホームページを作成するときには、ページ数をどれくらいにするか、設定してから作業を開始するとよいです。もし、企業やお店を紹介するのではなく、一つのアイテムだけを売りたいと考えるなら、一ページのみのホ…

ホームページ作成とSEOのコツを掴むにはどうすれば良い?

ホームページ作成とSEOは、多くのネットユーザーに関心を持ってもらうために重要な取り組みとなっており、予算や目的に応じて、内製や外注など様々な方法を検討する企業が少なくありません。

ホームページの作成方法

ホームページ作成ツールについて

ホームページを作る方法は様々ですが、ホームページ作成ツールを使うことでも作ることが出来ます。しかし、ホームページ作成ツールとはどういったものなのでしょうか?このツールの最大の特徴は、ウェブ上でホー…

「CMS」について

ホームページ作成関連用語のCMSはコンテンツ・マネージメント・システム(Contents Management System)の略です。ホームページ内の全ページ(全コンテンツ)を管理できるツールで…

テキストエディタについて

デザイン性の高いホームページでもテキストエディタで作れる

インターネットが普及し始めたのは1990年代後半ですが、その頃のホームページはあまりデザイン性が高くなく、どちらかというと野暮ったいものがほとんどでした。しかし、今のホームページはHTMLとCSSで表現できることが増え、高速回線によりきれいな画像を素早く表示できるようになっているので雑誌のレイアウトと同等のデザインのものも珍しくありません。 ただ、こうしたカラフルなホームページであってもソースを表示すればすべて文字のみで構成されています。つまり、基本的に文字を入力することしかできないテキストエディタであっても、HTMLとCSSの知識、それとフォントや画像などを用意すれば美しいデザインのホームページを作成することが可能なのです。

動作が軽快で古いパソコンでも十分動かせる

テキストエディタのメリットとして挙げられるのは動作が軽いこと、そして無料で利用できるものが多いという点です。ホームページを作成するための専用ソフトは、ブラウザでソースをいちいち開かなくても視覚的にデザインを確認できるといった便利な機能がありますが、大抵の場合は有料ですし、プログラムとしての規模が大きいので扱うパソコンの性能も高いものが要求されます。 ただ、テキストエディタを使ってホームページを一から作成するのは大変です。HTMLとCSSをすべて一から入力していかなければならず、一文字でも間違えればエラーが出て正常に表示されないため、正確な知識とタイピングが求められるからです。したがって、専用ソフトで作成したソースの部分的な手直しなどで用いるのがいいでしょう。